撮影スポット

観音沼森林公園

かんのんぬましんりんこうえん
観音沼森林公園
観音沼森林公園
観音沼森林公園
観音沼森林公園
観音沼森林公園

四季折々の絶景と野鳥の宝庫

観音沼森林公園は、標高1640mの観音山の麓に位置し、観音沼周辺を一体とした公園です。観音沼の周りには全9つの遊歩道があり、四季折々の風景美を楽しみながら散策することができます。この公園一帯は野鳥の楽園であり、四季を通じてさまざまな鳥のさえずりを楽しむことができます。観音沼の神秘的な自然美に魅了され、多くのカメラマンが訪れます。

撮影のBestSeason

観音沼森林公園一帯は、一年を通して楽しめる花木なども豊富に植栽されており、四季折々の美しさを堪能することができます。観音沼に浮かぶ浮島は周囲の山々と調和した美しい風景を生み出します。

観音沼の湖畔からは、青く澄んだ水面と周囲に広がる緑豊かな森林が一望できます。
水辺には野鳥が多く、カモやキビタキ、アカゲラが見られることができ、野生動物愛好家や鳥撮りの方にはおすすめのポイントです。

春には雪解け時期のミズバショウに始まり、4月下旬にはしだれ桜や八重桜が湖畔に咲きます。
5月上旬には氷河期の生き残りと言われるミツガシワも咲きます。

夏には湖面に浮かぶ蓮の花や野草を見ることができます。

春~初夏・秋など、昼と夜の温度差が激しい季節には雲海が発生しやすくなります。
観音沼森林公園の駐車場から雲海を見ることができ、広く落ち着いて撮影ができるスポットです。

撮影:8月上旬(6:00頃)雲海

 

撮影:10月下旬(6:30頃)雲海

雲海が発生する時間帯は、朝4時~7時くらいの早朝です。

雲海が発生しやすい条件は4つの点が挙げられます

・湿度が高い
・無風または風が弱い
・前日によく晴れて十分な放射冷却がある
・前日を日中と当日早朝の気温差が大きい

また、道の駅しもごうエマットからも雲海を見ることができます。

紅葉時期には、木々が鮮やかな赤や黄色に染まり、公園全体がまるで色彩の絶景に包まれ、美しい紅葉のトンネルや湖面に映る紅葉の鏡写しを捉えることもできます。
この時期の観音沼は、まるで絵画のような風景に魅了される撮影のベストシーズンです。

早朝の観音沼は美しい朝焼けと共に朝霧が水面に佇んでいます。

その景色は幻想的で朝日が昇る瞬間が特に素晴らしい光景です。
観音沼は湖畔の広い展望が確保されているため、日の出や日の入りのシーンを美しく捉えることができます。

撮影:10月下旬(7:00頃)

撮影:2月上旬(16:00頃)雪原となる観音沼
※注意:「結氷」の上は大変危険ですので歩けません。

冬には凍った沼面に雪景色が広がり、一面が幻想的な銀世界が広がります。冬景色も撮影時間帯によって様々な表情を見せてくれます。
冬季間は日没が早く、午後3時を過ぎると陽が落ちてきてあたりが暗くなってきます。観音沼の見渡しのいいロケーションを活かし、様々な表情の観音沼を撮影できるでしょう。雲の動きや天候の変化を活かして、様々な表情を持つ観音沼の写真を撮影してみるのも楽しみの一つです。

積雪が多い冬に、観音沼を訪れる際にはスノーシューがあると大変便利です。
防寒対策をしっかりして安全面に十分注意して撮影を行いましょう。

また、周囲の自然に配慮し、マナーやゴミの持ち帰りなどに気を付けて美しい観音沼の風景を存分にお楽しみください。

お問合せ 下郷町観光協会
住所 福島県南会津郡下郷町南倉沢字観音平
電話番号 0241-69-1144
駐車場 有 徒歩約1分、乗用車97台
関連サイト http://shimogo.jp